「アナボリックステロイド」の記事一覧

アナボリックステロイドにマッスルメモリーは有効なのか?

アナボリックステロイド アナボリックステロイドのQ&A

例えば3年でつけた筋肉が、何らかの怪我をして1年間まともにトレーニングできなかったせいで落ちたとしましょう。 次に同じ筋肉まで辿り着くのには3年もかかりません。 それは肉体がホルモンが同じ筋肉を作るための土台を覚えている・・・

可能性の塊『SARM』とは何か?ブラッド・ピットもボデイメイクに取り入れていた!?

アナボリックステロイド ボディメイク

SARM(選択的アンドロゲン受容体モデュレーター)は筋肉増強剤としての効果を得ながらも骨格筋にしか作用しないので、副作用がないことから海外のサイトでよくおすすめされているボディメイクアイテムの1つです。 Ostarine・・・

ベンチプレス100kgを挙げられるまでにかかる期間は?アナボリックステロイドを使った場合は?

アナボリックステロイドのQ&A 筋トレQ&A

ベンチプレス100kgはトレーニーの1つの目標となる重量です。 身長や体重によるので必ずしもそうとは言えませんが、仮に「いい体」や「脱いでも恥ずかしくない体」を目指しているのであれば、その基準としてベンチプレス100kg・・・

初心者がついやってしまう間違ったアナボリックステロイドの使い方

アナボリックステロイド アナボリックステロイドのQ&A

アナボリックステロイドは肉体を劇的に変化させる強力なボディメイクアイテムで、その効果はチートと呼んでも差し支えありません。 ゲームに例えるのなら※PAR(プロアクションリプレイ)みたいなものです。 だけどPARは上手く使・・・

強力なステロイドの保険に最適!プロビロン(メステロロン)の使い方と効果

アナボリックステロイド ステロイドのケア剤

オキシメトロンやダイアナボルなどの強力なアナボリックステロイドを使う際に起きる可能性のある副作用の中に男性化と男性ホルモンの生成能力の低下があります。 男性化はそうそう起きる副作用ではありませんが、男性ホルモンの生成能力・・・

DHT(ジヒドロテストステロン)の蔓延を阻止!プロスカーの使い方や効果、プロペシアとの違いは?

アナボリックステロイド ステロイドのケア剤

強力なアナボリックステロイドによる副作用としてDHT(ジヒドロテストステロン)の蔓延があります。 DHTが体内で蔓延するとニキビ、男性型脱毛症、前立腺肥大といった副作用が起きる可能性があります。 その為のケア剤としてプロ・・・

スタックで筋肥大効果を最大限に!「プリモボラン(メテノロン)」の効果と使い方

アナボリックステロイド ステロイドの種類

プリモボラン(プリモノロン)は肝毒性が低い代わりに筋肉増強効果も低いアナボリックステロイドです。 では何の使いみちがあるステロイドなのか? 実はプリモボランは減量とスタックに向いているアナボリックステロイドのです。 ここ・・・

セクシーな腹筋美女になる為に本当に必要な事とは?

アナボリックステロイド アナボリックステロイド初心者向け ダイエット ボディメイク

男のシックスパックが男性らしさの象徴であるように、アスリートのように引き締まった腹筋をした“腹筋美女”はセクシーさの象徴と言えます。 痩せているだけの女性に魅力を感じる男性は意外と少なく、特に“痩せ信仰”の強い日本でさえ・・・

女性化乳房(アロマ化)は絶対阻止したい!アリミデックスの使い方とノルバデックスとの違いとは?

アナボリックステロイド ステロイドのケア剤

アナボリックステロイドを使っていく上でもっとも怖い副作用の1つが女性化乳房(アロマ化)です。 女性化乳房は読んで字のごとく女性のような胸になってしまう症状のことを言います。 これの原因はテストステロンを体内に取り込むさい・・・

ジェネリックウルソ(ウルソデオキシコール酸)でアナボリックステロイドの肝毒性を最小限に!

アナボリックステロイド ステロイドのケア剤

経口アナボリックステロイドを使う上で避けられないのが肝臓へのダメージ。 アナボリックステロイドは体内に長時間留まらせる加工をしているので、人によっては肝毒性の弱いアナボリックステロイドでもダメージを受けてしまう事もありま・・・

ページの先頭へ