よく動画とかのコメント欄に「この人はステロイド使っているな」とかって書いてあったりしますよね。

他にも「あの筋肉のつき方は普通ではない、ステロイドだ」と言った事を言う人もいます。

では本当にアナボリックステロイドを使うと普通と違う筋肉のつき方をするのか?

そして筋肉のつき方を見ただけで、ステロイドユーザーかどうかわかるのか?について回答していきたいと思います。

ステロイドユーザーかどうかを目視で判断するのは不可能

結論を先に言ってしまえば、ステロイドユーザーを目視によって判別するのは不可能です。

少し考えればわかると思いますが・・・そもそもステロイドユーザーかどうかを目視で判断できるのなら、オリンピックでドーピング検査をする必要ないですよね。

まあ、ロニー・コールマンのようなバルクであれば「流石にこれはステロイドなしでは無理だろう・・・」と言った推測は出来ます。

ただそれでも憶測の域を出ません、断定はできず「99%ほぼ確実にステロイドは使っている」としか言えないです。

だから目視という条件では、どんな優れた学者だろうとプロのトレーナーだろうとステロイドユーザーを見抜くことは難しいのです。

ステロイドユーザーの筋肉のつき方はナチュラルと変わらない

これに関しては前に何かの記事で少し触れたことがあると思いますが、目視で判別がつかないという事は筋肉のつき方もナチュラルと変わりません。

そもそもアナボリックステロイドで、肉体を構成する物質が変わったりするわけはないですからね。

肌質も変わらないし、肌の張りやましてや顔つきなどが変わったりするわけはないのです。

ステロイドの使用を判断できるのは❝時間❞だけ

見た目では使用の判断ができないアナボリックステロイドでも分かる場合があります。

それは何かというと❝時間❞です、ボディメイクにかかった期間や年齢によって使用の有無が判断はある程度できます。

分かりやすい例としてハリウッド俳優があげられますね。

例えば役作りで2~3ヶ月から1年程度のワークアウトで、圧倒的なバルクアップした体を披露しているし、スタローンやシュワルツネッガー(一時期は酷かったが最近持ち直した)のような往年のアクションスターにいたっては、老人と呼んでも差し支えない年にも関わらず現役ビルダー並の体をしてます。

ハッキリ言って人類史上稀に見るレベルの遺伝子を持っていない限り、1年未満で別人になるほどのバルクアップは現実的ではないし・・・人間である以上は加齢による劣化を食事とワークアウトだけで食い止めるだなんて事は不可能なんです。

言わなければ疑惑にすぎない

ハリウッド俳優に限らず、モデルや歌手までアナボリックステロイドや成長ホルモンは使っています。

でも誰が使ってると言った断言はできません、でも断言できないからこそ使えるし、使う価値があるんですよね。

例えば上の写真の70歳近いシルベスター・スタローンは、年齢に比べて筋肉量も肌の質感もとても老人のそれではありません(しかも画像のはオフ期間での肉体)

ステロイドと成長ホルモン(HGH)を使わなければあの体はとても説明がつきません、・・・だけど断言するほどの証拠もない。

70歳近いスタローンですら見抜けないのだから、20~30代の俳優であれば何を使っているのかなんてわかるはずありません。

それどころか「あの人は特別なのだろう」といった❝副産物❞すら生まれるでしょう。

❝特別❞は作れる

人は誰もが特別であることに憧れる生き物です。

だから俳優、モデル、歌手は科学力を使って❝特別を演じる❞んですよね。

・❝特別な人❞を作り出すアナボリックステロイド、成長ホルモン(HGH)

・異常に短期間でボディメイクする俳優、同じ人とは思えない艶やかな肌をしたモデルや歌手

この2つを繋ぐ決定的な証拠はなくとも、決して無視できない共通点ではないでしょうか。

もちろん誰もがステロイドや成長ホルモン(HGH)を使っているわけではありません。

もしかしたら本当に年齢や常識を超越した特別な人もいるかもしれません。

結局のところ誰が特別で、誰が特別じゃないかなんてわからないんですよね。

ただ一つ真実なのはアナボリックステロイドや成長モルモンで❝特別は作れる❞ということなのです。